ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【管理人のつぶやき】

好きなところに住めない社長

投稿日:2013年6月8日 更新日:

勤めている会社の社長がつい先日変わりました。

旧社長退任の挨拶と新社長就任の挨拶があり、比較的規模の大きな会社の社長というのは色々大変なんだなと思いました(;´∀`)

というのも、旧社長の挨拶の中で、今まで一般社員とは事情があって意図的に交流を持たなかったが社長という重責が外れたこれからは相談役として、皆さんと今まで交流できなかった分、これからは気軽にお話ししましょうなんてスピーチを社員全員の前で話されたわけです。

あんまり社員に近すぎるフレンドリーな社長というのは会社の規模が大きくなるとあんまり望ましくないってことですね…。

似てますが、社長だけど周りから見る目があるので実は不自由なんですというエピソードがもうひとつあります。

つい最近、ある上場企業の社長が引っ越すということで秘書の方と色々お話をする機会があったんです。

引っ越しの理由は社長ともあろう人間が木造のワンルームに住まれると色々と周りから変な目で見られるから引っ越して欲しいという要望が人事部からあがってきて、強制的に引っ越しということでした(;・∀・)

社長は住まいに特に不満はなく、引っ越すつもりはない。しかし、一上場企業の長たる者が住むような物件ではないということで好きなところに住み続けることが許されないのです。

この話を聞いてどう思いますか?

それくらい周りに盛り立ててもらえる役職につきたいと思いますか?もっといいところに住んでくださいって言われたいですか?

僕はちょっと変わった意見かも知れないですが社長という立場はこんなことにも縛られないといけないのか…放っとけって思っちゃうだろうな~なんて思いましたよ(^^;

コスト意識のある社長ってかっこいいじゃないですか~。プライベートもコスト意識を持って過ごしているなんてすごいと思いますよ。使えるお金は絶対持っているはずなのにね。。。(ただ住まいに無頓着なだけという人かもしれませんがそれもかっこいい^^)

家とか車とかで飾らなくともかっこいい人はやっぱりかっこいいですよね。人間性が輝いているから、わざわざ余計なもので飾る必要がないってことでしょ。

鼻持ちならない人間は、やたらいい所に住みたがるけどそういった見栄とか欲に振り回された人間よりも仙人のようなジッチャン社長の方に僕は惹かれますね。

といってもジッチャンではなく、まだ40代の若社長ですけどね、その人は。四十にして惑わず、そんな言葉が良く似合う人だと思います。

大変な責務を負ってるんだから好きなところに住ませてあげてほしいわ。

-【管理人のつぶやき】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.