ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【ブラック企業について】

この年齢になっても最高にうれしいもの。

投稿日:2013年8月1日 更新日:

ブラック会社に一緒に勤めていた人間と事業を行っている。彼には俺が辞めるときに未来の展望を話して一緒にやらないか?とオファーした。

随分前の話になるが、一緒にお店を盛り上げた仲である。休日出勤なんのその、それこそ身を粉にして働いたものである。

多店舗展開とともに勤務地はバラバラになってしまったけど、僕が一緒に働いていて面白いなと感じた数少ない人間である。

自分を追い込むタイプ、ちょっとやり過ぎなくらい。だから、ゆるい俺とはまあ良いコンビなんだと思う。

今となっては信じらないが、かつては自殺を考えていたこともあるくらい落ちた時期があるらしい(それって本当か?と今は疑うくらいだけど( ̄ー ̄)

ほとんど休みなしで一ヶ月働いて月の収入が10万円だったこともあるらしい…(彼はいう。この時代は「設計師の卵」という暗黒時代だったと)

父親譲り職人気質で曲がったことが大嫌い、そして意識が金に偏ることもない。

設計師の卵時代に後輩として入ってきた人間があまりの過酷な環境で鬱病を患って自殺してしまったときにこいつはそれを自分の性だと抱え込んで、こいつ自身も死のうと考えたそうだ。

良かったな生きてて( ̄ー ̄)

俺が思うにこいつは背負わないといけない、報われない匠の卵達の運命を。一緒にやってるWEB上のお店では主にデザイン担当。時間は掛かったが待望の初注文が先日入った。

おめでとう、O。

お前のこだわりと集中は、この分野で花開くと思うよ。ともに目指したものが実を結んだとき、これだけは少年の頃から変わらぬ興奮と喜びを味わえる。

-【ブラック企業について】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.