ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【ブラック企業について】

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

投稿日:2013年3月31日 更新日:

さてさて、映画化もした黒井勇人著「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を見てみましたので、感想をばシェアしたいと思います。

結論。

凄い爽やかな読後感です(笑) いや、これはマジで爽やかな気分になれる本ですよ。僕の大好きな映画「ショーシャンクの空に」に迫る爽やかさです(笑)

インターネットの電子掲示板「2ちゃんねる」の書き込みを基にした書籍で、最初のページから最後のページまで見覚えのある2ちゃんねる形式の文面で物語が進んでいきます。へびぃな2ちゃんねらーではない僕には少し読みにくいのですが、表現がことのほか上手く、感情移入して読み進めてしまいました。

IT業界(SE)の中小企業の話なんですが、客観的に見て悲惨な環境なのに、何故か明るく、どこか抜けていて読んでてしんどくならないのだ。扱うテーマは重いのだが。。。これって、とても大事なことと思います。

深刻に考えて鬱々とした気分になって塞ぎ込んでいくよりも悲惨な状況もあっけらかんと受け入れて、それをなんとか改善すべく能動的に動いていくためのキーマン、それが主人公であるマ男。

かっこいいね、こんな風に生きれたら。

行動無くして状況は変わるはずがない。であれば、行動あるのみでしょう。

大して期待していなかった本ですが勇気をもらうことができました。ありがとう☆ミ

-【ブラック企業について】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.