ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【管理人のつぶやき】

30代で脱・都会

投稿日:2013年4月24日 更新日:

 

20代の男性に向けてリクルートが放つフリーマガジンR25。328号に僕にとって見逃せない特集があった。

…それは

「30代からの地方移住経験者6人のリアル」という特集(⌒-⌒)

慌ただしく、時間に追われる都市生活をリタイアして地方に移住した6人の猛者の特集である。

私も千葉のド田舎出身であるし、妻は関西の山の方の出身だ。どちらかの親の調子が悪くなれば地方へ移住というのも十分に考えられることだし、何より僕も都会に今は住んでいるけど、子どもは自然に恵まれたところで育てたい。ということで先駆者6人の意見は見逃せないのである。

生き方は違えども…だ。

 

記事では移住前後の満足度を「仕事の満足感」「生活の満足感」「収入の満足度」「自由な時間」「趣味や娯楽」「将来の見通し」の6つの視点で評価している。

「収入の満足度」が上がった人はいないけれども「生活の満足感」は全体的に言えばやや向上していると言えるだろうか。

まあ地方移住を選んだ理由なんて人それぞれだし、上記の6つの項目のうち、何を優先したのかにもよると思う。

ただし、移住したからといって「楽な暮らし」ができるわけではないので地方しかできない生活スタイルを求めて移住じゃないと、満足感の高い生活を手に入れるのは到底難しいそうだなと思いました。

銀行や外資系保険会社に勤めていて、多いときには年収7,000万にも上ったというTさんの意見が的を射ていると思う。「今の世界に不満があって、移住することで楽になろうとする。それではうまくいかないですよ。」

うんうん。それはブラッソにおいても全く同じだと思うよ。決して楽になろうとして選ぶ道じゃない。やりたかったことを求めて勇気をもって踏み出す一歩でしょ。

-【管理人のつぶやき】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.