ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【ブラック企業について】

生涯賃金の圧倒的格差

投稿日:2013年12月25日 更新日:

コネこそ実力! コネで入って何が悪い!

Mもんたの次男は結局コネ入社なのか、それとも違うのか…。

いつものごとくネットサーフィンしていたら、日本や韓国ではコネで入社することを良しとしないが、その反対にコネも実力のうちとしてアメリカや中国では評価されるという記事に行き着きました。

日本もそのうちアメリカのようになるだろうという主張で締めくくられていたわけですが、記事の中に「確かにそうや!」と僕が思っていたこととぴったりの部分があったので、それを紹介します。

この一文↓【日本や韓国では一流企業に入社できた人、そうでない人は生涯年収などで圧倒的な差がつく。つまり一流企業に勤めることは一種の特権なのだ】

確かにそうや…。

だから、教育ママの「お勉強頑張らなきゃダメよ。お勉強頑張ったら、いい学校に入れる、そしたらいい会社にも入れるのよ〜。全ては⚫︎⚫︎ちゃんのためなの!」という主張にも一理あるわけだ。いや、一理どころか、的確に物事を捉えているのだと思うw

一流企業が何社あるのか知らんし、新卒で一流企業に入れるパーセンテージなんか知りませんけど、なんて世知辛い世の中なんだろう。日本の転職市場は他国に比べて整備されていないっていうし、就活である意味、人生の収入レベルが決まるという(^^;;

その後も転職の機会がいくらでもあればいいんですが、一度入社してしまうと日本の企業は他国に比べて社員保護が手厚いため転職市場の発展は遅れています…。そりゃー、正社員そのものが既得権益なんて主張も出てきますよ(^^;;

僕もそう思ってますし。

でもですね、一流企業に勤めている人間が皆優れているわけじゃないですよ。

もしかして、Mもんた次男が言われているようにコネで入社したのかもしれないし事故みたいな形でたまたま入社してしまったという人も現実にいます。確かに人数が多いだけに、大企業の中で優秀とされる人たちは圧倒される程の凄さを持っていたりしますが、真ん中より下の人たちは… 果たしてどうなんでしょうかね??

少なくとも僕はこの人たちに意識でも仕事のクオリティでも負けていないと思っていますが何とかならんもんですかねw

まあこういったアンバランスがすぐ是正されるなんて事態は中々ならないでしょうね。そもそも甘い汁を吸っている人間がそう簡単に許さんでしょう。

でも、着実にそんなシビアな世界が近づいてきている気がする。どさくさに紛れて、貧民革命を起こすしかねえw

-【ブラック企業について】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.