ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

スロット

スロット氷河期を超えて堅実な人が増えた?

投稿日:2014年9月18日 更新日:

このクイズに答えてくれた方の統計を取っています。

当初、僕の経験から爆裂台を選ぶ人の方が多いと予想していたのですが、意外や意外、安定的に勝てる台を選ぶ方が多くて驚いています。

皆さん、堅実ですね(^◇^;)

6万枚出た、7万枚出たというスロットインフレ時代を過ごした僕としては、金に目が眩んだ人たちが早朝からパチ屋に列んでいる光景を沢山見てきましたから、安定台を選ぶ人が多いなんて本当に意外な結果でございました。

おそらく爆裂台:安定台を選んだ人の比率は2:8ぐらいです。皆さん、スロットで勝てない氷河期を乗り越えて、本当に堅実になりましたね…。でも、勝ち組を目指すならば、その堅実さはいい傾向にあると思います。

まずは負ける要素を除くのがスロットで勝つための第一歩ですから、大勝ちに目が眩んで、負けるリスクを踏んでしまうのは過ちです。理論的に勝てる台を回すこと、これ以外にスロットで勝つ方法なんてありません。

この前、スロプロ時代の友人K(彼は今も待ち合わせの空いた時間などにスロットを打って勝ってます)と釣りに行きました。

昔話で盛り上がった訳ですが、K曰く「勝てるような台がまた出て来たよ、一時期に比べればかなりマシになった」とのことでした。

お寒い時期が長らく続いたにも関わらず、スロットが好きだから…という理由で廃業せずにいたスロ好きのプロ達、本当におめでとう。

スロットで稼ぐ方法を教えて何百人という教え子を抱えていたKの言葉が本当なら、また少しは喰いやすい時代が来たのかもしれない。

今こそ、本物のスロットで勝つ思考、勝つ技術を身につけて、これから訪れる絶好の機会を大いに活かそうではありませんか。

Kは惜しまれながら昨年、勝てる台の情報、特定の台の狙い方を発信するサービスを停止しました。

理由は飽きたとのこと(笑)

雑誌にも読者が評価した教材で堂々の1位ということで掲載されたぐらいですからね、Kは本当に真面目にスロットの勝ち方を教え続けてましたね。8年くらいかな?

本当は勝ちたいなら彼のサービスを利用するべし、と言いたかったのですが残念、もうやらないとのこと。

まぁ、リアルビジネスの方で忙しいから仕方ないですね(^◇^;)

彼がまだサービスを続けていれば紹介するつもりだったんですが、こうも簡単に頓挫してしまったので、これから勝ちたい、負け組を脱出したいという人がこんなにも多いという状況を知りながら指を加えてみている元スロプロのユウでした。スロット業界がまた盛り上がってくるがしれないという話を聞くと、反動という言葉をどうしても意識してしまいますね。

2000年頃から過熱状態にあって、2003年頃にピークを迎えて、2006年には完全にバブルが弾けた。

それからしばらくの間、スロット業界には氷河期が続き、どんどん遊戯人口が減っていった。プロ人口もどんどん減った。

そして2014年、ようやく氷河期が終わり、雪解けの時期を迎えようとしている。ワクワクしますねー。皆さん、勝ちましょーね!

-スロット
-, , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.