ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

スロット

スロットはギャンブルか?

投稿日:2014年9月23日 更新日:

今回はタイトル通り、スロットはギャンブルなのかどうかを話したいと思います。Wikipediaによると、ギャンブルとは偶然性の要素を含んだ賭け事を指すようです。

となると、スロットは間違いなくギャンブルですよね(笑) 僕が思うギャンブルって、勝てる見込みの薄い勝負事ってイメージなんですが、皆さんはどう思いますか?

 

運任せという言葉がしっくりくるのが僕が考える「ギャンブル」

そういう考えを持っているので、運任せでスロットを打たない僕にとって、実はスロットってギャンブルじゃないんですよ。もちろん運任せで勝負することもできますし、実際そういうスタンスで打っている人がほとんどです。でもスロットで稼ぎたいなら、まずはこの認識を変えてアプローチしなきゃ…ですよね。

 

多分スロットで勝ってる人間は、僕と同じ考えでスロットのことをギャンブルとは思っていないと思います。おそらくですがスロットを打つことを「投資」って例える人が大半だと思います。あるいは仕事、バイト…色々ですけどね。実際、収支帳に僕はこう書いてました。9K投資25K回収、+16Kみたいな。。。(9000円突っ込んで25000円換金したので16000円勝ちの意味)

金を増やせるから、金を賭ける。ただそれだけ。これってモロ投資ですよね(笑) このようにリスクコントロールをして負ける可能性を排除して打てば投資になり、運任せで打てばギャンブルになる。

 

ギャンブルが持つ二面性

同じスロットを打つという事象でも、アプローチの仕方で投資にもギャンブルにもなるという二面性を持っているということですね。

そしてスロットで勝ちたいなら、運に任せて適当に台を選ぶギャンブルから、勝てる見込みがある台を狙い撃つスタイルに打ち方を変えないといけませんよということなんです。笑い話ではないのですが、台が光って見えて、それを打ったら勝てた…なんてことを平然と口にする人がいますけど、自分は負け組ですと言ってるようなものですし、恥ずかしいのでやめましょうね。

いや、身近なところにそういう人がいたんですよ…、こういう人の話を間に受けたら、一生勝ち組になれませんから気をつけましょうね(^◇^;) 実はその人の第六感が人より優れていて1000万人に1人いるかいないかというレベルの超能力者だとしたら、勝てる台が光って見えるのかもしれませんが、普通の僕にはそんなことは出来ませんし、別に台が光って見えなくても勝てますから気にしません。

ということでまとめますと、スロットで勝つためには運任せのギャンブルといった姿勢で打つのではなく、金が増やせることが分かったときに賭ける投資の姿勢で打ちましょうということでした。

 

-スロット
-, , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.