ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

スロット

負け組から勝ち組に転向できるのか?

投稿日:2014年9月24日 更新日:

今負けている人には、かなり気になるタイトルではないでしょうか。ずばり、負け組から勝ち組に転向できるのかについてお話しします。

結論を先に言いますと「負け組から勝ち組への転向は可能」です。

スロットは真実を知れば誰もが勝てるようになると思っていますし、誰かの勝ち組転向へのキッカケになるかもしれないと思ったので、誰も語りたがらないことを敢えて語りたいと思います。前回の記事でとても重要なことを言いましたので思い出してくださいね。

※参照 スロットはギャンブルか?

 

僕の答えはギャンブルじゃないです。むしろ投資だと思っています。時間を投じて、お金を投じて、台を回すという労力を投じてお金を増やそうとしているのです。

この感覚がなかったとき、僕は負け組でした。そうです、僕も負け組から勝ち組へ転向した人間なんです。

別に誰に教えてもらったわけでもないんですがね…、負けるのが嫌過ぎてどうしたら負けずに勝てるかを真面目に考え続けた結果、このスロットは投資だという考えに行き着きました。僕の周りにはこういうタイプが多いです。

 

(勝ち組への思考変化の過程)

テキトーな台を選んで負ける

→負けるのが超嫌、だから勝つ方法を考える

→期待値にこだわって台を選ぶようになる

→スロットをギャンブルとして打たない、投資として考えて打つスタイルを確立

 

今の考え方というのは、負けることで味わう痛みが嫌で、どうにか勝つ方法を模索した結果、行き着いた場所だと言えますね。

このスタイルに至ってから、スロットで稼いだ金額はおよそ2000万円強です。僕が嘘を言ってるかどうかはご自身で判断してください(笑)

今、僕が言っていることはとても大事なことです。真の意味を理解出来た人から勝ち組に変わっていくと思います。

 

では、今回のまとめです。負け組から勝ち組への転向は可能、スロットに対する考え方を変えるところが勝ち組転向のスタート地点です。

余談

最初から勝ってる人に教えてもらってスロットデビューする人がいます。そういった人たちって、本当に恵まれていますよね。ただ、負ける悔しさを知らないその人は勝てることへの感謝は少ないでしょう。

そして、誰かに勝つ方法を教えることも負けたときの気持ちがわからないので得意ではないと思います。

僕は負け組だったので、その時に感じた悔しさ、絶望感、恐怖、苛立ち、怒り、悲しみ、嘆き…、その全ての感情を理解できます。

そういった意味で真実を語るのにはある意味適役なのかな…と思っています。

-スロット
-, , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.