ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【ブラック企業について】

自己都合の退職によるペナルティをなくす

投稿日:2013年4月16日 更新日:

自己都合で辞めた際の給付制限について前回の記事で書きました。

体調を崩して退職しても、それは自己都合の退職。体調管理をしないのが悪いと言われておしまい。よって3カ月間、失業給付金を貰うことができない。ああ、なんて世知辛い。

でも実は、このペナルティって解除できます。

まあ、色々方法があるみたいですが比較的かんたんな方法をひとつ教えましょう。

それは”病気”を理由に辞めたことにする方法です。

自己都合で辞めたとしても病気が理由の退職ならば3カ月の給付制限が解除されます。そのためには会社を辞める前に通院しておく必要があります。そして自身の不調に対して”病名”をつけてもらいます。まあ、ストレス、疲労、寝不足が理由の場合、ほとんど「自律神経失調症」とされるようです。

で、仕事を辞めたら離職票を持って実際に住んでいる場所のハローワークに行きます。自己都合の場合の説明を事務員の方にされたら本当は病気で退職したと伝えましょう。そうすると診断書のような書類をくれるので病院で証明書を記入してもらって提出。これで3カ月間の給付制限が外れます!ブラボー!

ちなみに重要ポイントとして「辞める直前の出勤状況がチェックされる」そうです。

直前に欠勤していたら、なぜ休んでいたのか理由を聞かれるのでそこで病気だったから出勤できなかったと説明すると違和感がないようです。

ではなぜ病気になってしまったのかですがそれは人間関係のこじれによるストレスとか、時間外労働が酷過ぎて(タイムカードがあるとこね)など色々あると思いますので上手く説明してください。

俺はこんなん全然知らんかったでーーー('◇')

まあ、ブラック企業に勤めてても元気だった俺には関係ないぜぇ。マジでヤバい人だけ使ってください。元気な人は働こう。 姑息に生きる人は僕は嫌いです。

-【ブラック企業について】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.