ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

スロット

誰も時代の流れには逆らえない。

投稿日:2014年10月3日 更新日:


 

5号機の黎明期ってヤバかったですよね。

 

ハイモードで機械割が107とか108%しかなかったんですから。

 

毎日ハイモードを確保してやっとこさ

今までと同じくらいの収支になるわけです。

 

ただし、4号機時代から完全に切り替わる前に僕は廃業したので、

5号機しかないという状況で打ったことはありません。

 

それでも、一緒にスロットで稼いでた仲間は

それから5年くらい専業で喰ってましたよ。

スロットやりつつ、興味があることの専門学校に通ったりしてました。

 

働くことへの疑問を抱えている、やりたいことがない。

そんな人間が僕の周りのスロットで稼いでいる奴には多かった気がします。

 

でも、今は皆廃業して違うことをやってますね。

 

ちょろちょろとスロットを打ってる奴もいますが、

本当の収入は違うところから得ているという奴ばかりです。

 

近頃、稼ぎやすくなってきたみたいだから、

また本腰入れてスロットを打つ奴もいるかもしれませんが…(^_^;)

 

2003年頃、スロットでバブルが起きて、

消費者金融から金を借りてまで打つ馬鹿がいて、

借金苦で自殺する奴が後を絶たないということで

警察がこの業界に介入してきてバブルを食い止めました。

 

出玉性能が抑えられた台では暮らしていけるほど

稼げなくなり、廃業するプロが続出。

今まで勝ってた人が環境が変わったことで満足に勝てなくなってしまったのです。

勝てない上に負ける金額は以前と変わらないという台では

遊ぶことすらできず、遊戯人口もどんどん減りました。

 

スロットで負けて自殺したというニュースは

消費者金融業界にも影響を及ぼし、

それからは高い金利で金を貸すんじゃねぇと

お上にギリギリやられましたよね。

 

お上が介入してきた業界にはその後、冬が訪れるようです。

スロット業界には冬が来ましたし、消費者金融にも長い冬が来ました。

 

この冬の時代にもスロット専業で

稼ぐことを辞めなかった人間は凄いと思います。

根性座っていると思います。

 

でも、危ういとも思います。

 

これから少し稼げる時期になって、雪解けの季節のような

安堵感を彼らは感じるかもしれませんが、

いつ何時また冬が訪れるかわかりません。

 

スロットで稼いで生きていくということを決意した人たちには

ある意味、凄腕の職人から放たれる凄みのようなものさえ感じますが、

職人は特に時代の流れの影響を受ける職業だと思います。

 

これを読んでくれている方の中にスロ専業の人はいないとは思いますが、

これからの日本を考えると専業よりも複数の業界に

かなり深くまで顔を突っ込んでいるような人間の方が潰しが効くと思います。

 

僕は稼げるといっても冬の時代を見てきたので

スロ専業になることはオススメ出来ません。

 

時代が変わっても、稼ぎ続けられるように

常にあらゆる可能性を探りながら生きていきたいですね。

 

-スロット
-, , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.