ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

・稼ぐための戦略

打ち始める基準、高設定を探す基準を下げない。

投稿日:2014年11月7日 更新日:

大概のパチ屋がイベントなし、

もちろん発表もなしというスタイルで営業していると思います。

 

当たり前と言えば当たり前なんですが

人は自分にとって都合の良いように物事を解釈しがちなので、

確認の意味を込めて「打ち始めの基準」を

ブラさないということについてお話ししたいと思います。

 

打ち始めの基準はその台の期待値がプラスなこと、

もしくは大幅に期待値がプラスな台の可能性が高いこと。

この2点です。

 

期待値がもしかしたらプラスかもしれない的な台を探してはダメです

 

二つの基準をもう少し明確に言い表すと

前者は機械割が105%(時給2千円強)以上であることが確定しているなら打ちましょう。

設定狙いでもいいですし、ハイエナでもいいです。

105%以下はお茶を濁すことくらいしかできないのでオススメしません。

 

後者は機械割が115%以上ある、

かつ設定判別が割と短いゲーム数でできる場合に試みるといった戦略です。

 

設定6が必ず投入されることが分かっていて、

それが何処に投入されるか大方予測がつくといったときに用いる戦略ですね。

 

ただ現状、この戦略(高設定狙い)はほぼ機能しないですねぇ。

 

高設定があるかも〜しれないなんて甘い想定で打ち始めたら、

無駄に時間を消費させられた挙句、実は期待値マイナスの台を

打たされていたなんてことばかりでしょう。

 

ですので、打ち始める基準には

一定のルールを設けておくことをオススメいたします。

 

ルールを満たしていないならば打たない。

 

ちょっと店を見てみましたが期待値2千円やそこらのハイエナに

人が群がっている感じですからねぇ。。。

スロットは喰いやすい時期ではないですね。

 

 

皆さん、スロットだけで勝とうとしているから厳しいんでしょう。

 

よーし、パチンコも打とう( ̄▽ ̄)

スロット専門に送るパチンコ教材の王道

http://patipurokiyoshi.com/item/76823/2309/

 

大体同じ店の違うフロアにあるわけですし。

移動にそんなに労力掛かりませんし、

勝つために共通していることも多いし。

 

-・稼ぐための戦略
-, , , , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.