ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

・稼ぐための戦略

甘い台と辛い台

投稿日:2014年11月19日 更新日:

 

プロなら甘い台を好んで打って当然。

稼がなきゃ意味がないんだから、辛い台なんて打たない。

 

甘い台と辛い台のどちらかを選べと言われたら当然僕は甘い台を打つ。

 

辛い台にわざわざ立ち向かうことを選ぶなんてありえない。

 

辛い台けど客付きが良くて、設定状況も良好、

そして店の癖を見抜いているのが自分だけ

という条件ならば打つかもしれない。

 

辛い台の基準を自分なりに定めておこう。

基本手は出さないという台の基準だ。

 

設定1で機械割95%以下

設定4で機械割101%以下

設定6で機械割107%以下

 

現行機種で基準を設けるならばこういったところだと思う。これを下回っているとしたら相当食いにくい台だ。

昔は

設定1で機械割99%

設定4で機械割110%
設定6で機械割114%という台をメインにしていた。

食えて当然という機械割と思わないですか?

 

スロプロの知識レベル、技術水準というのは

年々上がってきているのかもしれないが、

そもそも台のスペックが劣化しているのだから

頑張っても稼げないという構造が出来上がってしまっているのだ。

これぞ構造不況、、、

 

それでも、1.スロットにこだわります?

それとも2.違う方法を考えます?

僕みたいに3.稼げるときだけスロット打ちに行きます?

 

3択です。

あなたもどの道を進むか決めてくださいな。

 

そして、3.の人はスロットの真実に是非ご参加くださいな。

-・稼ぐための戦略
-, ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.