ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

・稼ぐための戦略

スロット、時給と年収1000万の壁

投稿日:2014年11月22日 更新日:

 

機械割と大体の時給を表しますとこんな感じになります。↓↓

※700回転/1時間で計算しております。20スロで等価交換。

機械割 時給
90% -4200円
91% -3780円
92% -3360円
93% -2940円
94% -2520円
95% -2100円
96% -1680円
97% -1260円
98% -840円
99% -420円
100% 0円
101% 420円
102% 840円
103% 1260円 年収200万
104% 1680円
105% 2100円 年収400万 非上場企業の平均年収
106% 2520円
107% 2940円 年収600万 上場企業の平均年収
108% 3360円
109% 3780円
110% 4200円 年収800万
111% 4620円
112% 5040円 年収1000万

 

1時間に700回転というのは

ちょっと少なめに計算していますが、

いつでも飯食わずぶん回します!という

超気合が入っている方以外は

大体それぐらいの回転スピードになると思います。

 

で、時給から年収換算ですが、

毎月170時間ほど稼働する場合で考えています。

 

大体サラリーマンの想定就労時間は

150〜170時間ですからね。

 

残業代は別に貰えるとしても月々固定給を貰うにあたって

これぐらいの時間は働かなければならないわけです。

 

もう少し簡単にしておきましょう。

時給1000円 年収200万

時給2000円 年収400万

時給3000円 年収600万

時給4000円 年収800万

時給5000円 年収1000万

 

 

年収1000万稼ぎたいなら、時給5000円ないとキツいです。

機械割で言うならば112%。

 

年収1000万以上の人のことを

これから「112%以上」と呼ぶようにしましょうか(笑)

 

中にはハードワーク、月に300時間働いて

年収1000万に到達している人がいるかもしれません。

 

その場合、時給は2778円で理論上は可能です。

ブラック企業に勤めているばりの過酷な労働です。

これを何年も続けるのは無理でしょうね。

 

なお、非上場企業の平均年収が400万、

上場企業の平均年収が600万という話を

何処かで聞いたことがあります。

 

もしそれが正だとすると、

スロット(+パチンコ)で上場企業の平均年収600万以上

稼いでいる人間は今のトッププロと呼べるでしょうね。

 

まぁ、企業に勤めると年収以上に得るものがありますけどね。

社会的信用や保険、保養所の利用や家賃補助などの福利厚生とかね。

 

そういった諸々のことを考えると

不安定なスロッターという身分ならば、

将来どうなるか分からないリスク分、

もう少し稼ぎたいというのが本音ですね。

 

ローンは組めないし、家も借りられないしで

不安定極まりないのがスロッターです。

 

まぁ、所得税とかを払わなければ

600万で十分裕福に暮らせますが。

 

色々なことを含めて考えると

僕は今はスロットにこだわるべきではないなと思っています。

 

現行機種のスペックからスロッターとしての

稼ぎの天井を想定すれば分かりますよね。

 

ちなみに完全自営脳で考えています。

これは働く人が自分1人という想定ということです。

 

人を雇うというビジネスオーナー脳であれば、

時給3000円の台を雇った人に

時給1000円でやらせれば、

自分は差額の2000円を儲けることができます。

 

なので勝てる台を見つけることに優れていれば、

最終的に自分に入ってくる収入を

増やすことは可能です。

 

他力を使って己の時給を高めることができるということですね。

 

ちなみにスロットで年収2000万とか稼いだとか

言ってるプロがいますけど他力を使わないと

ほば実現不可能なレベルです。

 

話を詳しく聞いたことはありませんが、

確認するまでもなく打ち子を雇っていたということでしょう。

ゴトで達成したとかだったら笑えますけど。

 

ほんじゃま、皆で機械割112%の人生を目指して頑張りましょう( ̄▽ ̄)

-・稼ぐための戦略
-, , , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.