ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【管理人のつぶやき】

昔からパチンコを好きになる素質を持っていた。

投稿日:2015年3月10日 更新日:

昔、親父に連れていってもらったパチ屋。

床に落ちてるキラキラした玉が好きで拾いまくってたっけ。

 

多分、何才か分からないけど

あのときから俺とギャンブルには何かの縁があったんだと思う。

 

別に親父はギャンブル好きってわけじゃなかったけど、

日々の息抜きに少しパチンコを嗜む程度の接し方だった。

 

息子の俺の方がよほどパチ屋でのテンションが高かったと思われる(笑)

 

普通に中学生活、高校生活を終え、

初めてスロットを打ったのは大学1年の頃だった。

 

ということは法に定められた年齢もきちんと守ってるし、

誰に咎められるわけでもないスーパー良い子ちゃんだったってわけだ。

 

別にギャンブルで稼ぐことに憧れていたわけではないが、

友人が稼げるよとか20万儲けたとか騒いでたから

俺にも出来るんじゃね?という軽いノリで打ってみようと思ったのが

スロットとの馴れ初めである。

 

打たなきゃ良かった…という後悔を乗り越えて、

その後、スロプロとして生きていくことを決めた。

 

特に成りたい職業もなかったし、夢なんてものもなかったので、

唯一自分がお金を稼げているスロットで

どこまで行けるのか試してみたくなったのが理由だ。

 

そんな放蕩暮らしを3年間も許してくれた親には本当に感謝している。

あなたがスロットにハマっていったきっかけは何だろう?

 

そして今、スロットなんて打たなきゃ良かったと後悔してないかい?

ギャンブルで勝つことを本気で教えてくれる人は身の回りにいるかい?

ギャンブルの稼ぎで暮らしている人は身の回りにいるかい?

やらなきゃよかったという後悔は使い方次第では凄く強いエネルギーになると思う。

 

だって、今まで負けた金額を取り返せるとしたらどう思う?

マイナスだった生涯収支がプラスに転じるときが訪れるとしたらどう思う?

 

僕はどんなギャンブルにもそういった勝つための方法が

存在すると思ってるけどあなたはどう思う?

 

とりあえず、スロットは大学3年から卒業までの2年と

専業として生きた3年で稼げる方法があるのは

己の人生を賭けて確認したから僕はもうスロットで本気で稼ぐ道からは引退です。

 

何か今は麻雀してます。

 

多分スロットと同じようにメンタルコントロールと

自分で決めたルールを守ることの徹底が大事なんだろ?って思ってますが(笑)

 

多分数年したら飽きるか、他に興味が移るかして違うことをやってると思う。

 

これ、イケるんじゃね?と思ったら試さずにはいられないクチなんで

とりあえず麻雀て稼げるか試してます(笑)

何故、僕がスロットから麻雀に稼ぐ世界を移したのかは知人からの影響が大です。

 

スロット辞めて真面目に働いてたんですけどね…、

またお誘いがありまして…(笑)

-【管理人のつぶやき】
-, , , , ,

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.