ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【小遣い稼ぎネタ】

ダフ屋はドキドキ。って違法ですが。

投稿日:2015年5月26日 更新日:

チケットを売り捌き終わりましたので、報告です。

 

以前にも日記的に報告しましたが、

今回はもう少し詳しく結果報告です。

 

チケット転売回数 計4回。
収益 プラス5000円くらい(笑)
販路 全てヤフオク

扱ったチケットの種類
国外アーティスト×1
国内アーティスト×2
オーケストラ×1

このうち、プラスになったのは

国外アーティストとオーケストラの2つ。

 

国内アーティストは席が良くなかったのもありますがマイナスでした。

ちなみに1980年代前半に生まれた僕にはストレート直球のバンドと

2000年頃に日本で最も売れていた女性ボーカルのチケットでした。

 

とくにバンドの方は悲惨(笑)

マイナス1万円とかでしたから(^_^;)

 

あ、こんなに人気がないんだ…、ってリアルなデータは取得できました。

ツアー最終日でこれですからね、とにかく悲惨でした。

 

良い意味で裏切ってくれたのがオーケストラ。

たまたま先行抽選に応募したら当たっちゃって、

うわぁー、こんなマニアックなコンサート、人気ないだろうなぁ…

と抽選に応募したことを後悔していたのですが、

意外や意外、チケットの3倍近い値段で売れたので

このチケットがないと今回のダフ屋行為チャレンジは大幅なマイナスでした。

 

まぁ、前回の記事でもいいましたが、ダフ屋行為は法律的にはアウトです。

 

まぁ、こういうグレーというかブラックなところが儲かるというのが

世の中の不思議なところですけど、僕は続けるか?と問われたら、

続けませんと答えますね。

 

小遣い稼ぎにはいいのかもしれません。

副業、副収入にもなりうる可能性は秘めていると思います。

 

でも、他人にあまり大きな声では言えないことですし、

主戦場となるヤフオクでもいつアカウント停止を喰らうかも分かりません。

 

今回僕は一度も出品に対して通告されませんでしたが、

業(ぎょう)として繰り返し繰り返しやろうとするならば

違法通告される可能性はかなり高いです。

 

まぁ、手を変え品を変え、どこかで転売することはできますが、

なんかやってることがインテリヤクザっぽくて精神的に疲れてきます(^_^;)

 

スロットとダフ屋、どちらがラクに稼げるか?

と言われたら…僕はスロットと答えますね。

 

あんまり違いらしい違いはないのですが、

売り場がなくなるとか違法通告されるとか弱みがある分、

ダフ屋行為の方が劣るなぁという印象を持ちました。

 

とりあえず今年の1月?もしくは去年の12月に

チケット転売をやってみようと思い立ち、

実際にやってみたのですがプラスに終わって良かったです。

 

チケット転売で何年も50万円/年とか儲け続けている人は

実際にいるとは思いますが、かなり図太い神経を持っている

かつ運が強いんだと思いますわ。

 

副収入の作り方を教えます!という人はよく見かけますが、

ダフ屋行為で儲けましょうと言っている人は

見かけたことがないので人知れずコッソリとやるしかないのでしょうね。

 

まぁ、やってみたかったら、やるのが一番です。

 

僕的には抱えるリスクに見合わないなぁという判断を下しましたが、

人によってはチケット転売が楽しい!性に合う!という方もいるでしょうし。

 

習うより慣れよ、ですね。

 

僕の意見は絶対ではないので、あくまで一意見として聞いてください。

 

他人から違法通告されないチケット転売術を独自に編み出せたら、

しれ~っとラク~に稼ぎ続けられるでしょうね。

 

興味が湧いた方は是非自分で試してみてください。

 

-【小遣い稼ぎネタ】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.