ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【管理人のつぶやき】

親指がずっと痛い、これって腱鞘炎?

投稿日:2015年10月12日 更新日:

ものを掴んだり、ビンの蓋を開けようとすると親指が痛い。

というかペンを握るのすら痛いという症状に悩まされている人が多いようです。

 

特にスマホがいけないのかも。

腱鞘炎というと手首というイメージがありますが、調べてみたところ親指も腱鞘炎になるようです。

 

それこそ親指は掴むにしても握るにしてもよく使う指なので、親指が痛いと日常生活に支障をきたします。

治ったと思っても再発するリスクがかなり高いらしくかなり厄介の病気のようです。

 

親指の腱鞘炎に悩む方というのは50歳以上のいわゆる中高年、また妊娠中や出産後の女性に多いようです。

 

握る、掴むという動作が原因で腱鞘炎になるわけですから、利き手の親指の方がなりやすいのかな?と思いましたが、利き手ではない方の手も腱鞘炎になるということで一概には言えないようです。慣れない手の方で作業をすると負荷が多いからだそうです。

 

親指の腱鞘炎、検査の方法としては以下の四つがあります。
・親指の付け根を押さえると痛い
・親指を動かすと痛い
・筋肉を伸ばしたり(ストレッチ)すると痛い。
・手首が腫れている、熱があるなどの炎症を起こしてる。

基本的には手術は必要なく、親指の安静が一番のようです。

 

でも、安静といって親指を使わないようにしたら日常生活をまともに送れないですからね。

そういう意味でニッチ過ぎるこの商品には心奪われました。

親指の腱鞘炎のためにあるような治療用テープです。何でもあるんだなぁ。。。

-【管理人のつぶやき】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.