ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

・スロットSOS

スロットSOS パチンコ・パチスロはギャンブル依存性になる可能性が高い。

投稿日:2015年10月17日 更新日:

世界中にギャンブル依存症の患者はいるが、その人たちのパーセンテージはギャンブルを嗜むという人が100人いるとしたら1人らしい。つまりギャンブル愛好者のうち1%の人がギャンブル依存に悩んでいるということ。

ふむ、意外にも少ないのう。

なんて思ってたら、パチンコ依存性の人数を知ってドン引きしました(;´・ω・)

200万人です。

パチンコをやる人(ユーザー)は1200万人だそうですが、そのうち200万人が依存性みたいです。その割合、6人に1人。ギャンブル依存性の100人に1人に比べると随分多いですよね(^_^;)

ギャンブル依存性は精神の病気だということで最近は色々研究が進んでいるようで、最近ある結論が得られたようです。

それは…「マシン系のギャンブルはより依存性になりやすい」ということです。パチンコ・パチスロは依存性になりやすいことが統計をとってハッキリしたとのこと。

 

僕は普通の人の何倍かスロットを打っていると思いますが、ギャンブル依存症のチェックシートみたいなものをやってみると全くチェックが入りません。そして、深刻に依存症に悩んでいる人はウソをつかなければ、10個のチェックボックスのうち半分以上にチェックが入るとか…(^_^;)

http://atmentalhealth.jp/pachinkoizon/(パチンコ依存症診断)

俺、脳の専門医じゃないから分からんが依存症って脳の回路が何か変わっちゃうことなのかな…。それにしても、マシン系のギャンブルはヤバいと言われて久しいにも関わらずいつまでも野放し状態なのは感心しませんなぁ。

僕はかなりパチンコ・パチスロについて精通していると思いますが、こういう危ないものだということが統計的にはっきり分かったのならば国は対策をすべきだと思います。

よく、パチンコ嫌いの人たちが「パチンコ屋なんて全部潰れちまえ!時間の無駄だろ!いや人生の無駄だ!」みたいな過激な言動を発している光景を見掛けますが、マシン系のギャンブルがここまでヤバいとなるとパチンコ屋なんて潰した方がいいのかもしれませんね。パチンコの借金苦で自殺した人は全くニュースとして扱われませんが僕が思う以上に多そうです。

依存症というのは非常にナイーブなことだと思うので安易に僕が発言すべきことでもないんですが現実は知っておいた方がいいでしょう。

ちなみに特効薬や簡単な解決策はないと思います。

ボロボロになるまで痛めつけられて、「勝てるときしか打ってはならない」ということを頭と体で理解しないと抜け出せないでしょう。

そういったギャンブルは基本的に負けるもんなんだなということを理解し、それでも攻略しようと思う人、覚醒をする人が世の中に何人くらいいるんでしょうか…。

たまたま僕は大学時代にそういった経験を自分含め4人で味わったので奇跡的に依存症にならず、今日まで生きてこられてますが、一歩間違えば僕もパチンコ依存症に悩む1人になっていたかと思うと恐ろしいですね。。。

パチンコ・パチスロは「勝てるときしか打ってはならない」

この意味を深く考えてみてください。

-・スロットSOS
-

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.