ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【管理人のつぶやき】

専業主夫が珍しくなくなるかもしれない。

投稿日:

僕の親戚に専業主夫になったオッチャンがいます。もう死んじゃったけど。

専業主夫

子どもが生まれるまではデパートか何かで働いてたみたいだけど、奥さんが家事育児を苦手としていて、奥さんに任せてられない!俺がやるってことで専業主夫になったようです。代わりに奥さんが外に出て働くという妙な関係。←これ1975年から1990年の話ですよ。

僕は普通に父親が公務員で、母親はパートで働いてましたがほとんど家にいたので至って普通の家庭で育ちました。なので変わった家族の形だなぁ…と子どもながらに思いましたよね。

でも、当時は珍しかった専業主夫が今後は珍しくなくなるかもしれませんね。

専業主夫が珍しくなくなる理由。男性と女性の収入差が減ってる。

全国規模の統計を見ると男性と女性の収入格差って相当ありますけど、フルタイムで働く男性と女性の収入の差ってほとんどないと思います。

というかアメリカでは18歳未満の子どもがいる夫婦の40%が奥さんの方が収入が多いようです。となると日本もそういう風になっても全然おかしくないと思いません?

「旦那 収入 上回った」なんて検索するとメチャクチャそういう記事がヒットしますよ。こんなことで悩む女性が多いってことでしょうね。

「男は外に出て稼ぐべし」を疑え。

あまり男は外に出て金を稼ぐべし!ってことにコダワリ過ぎない方がいいかもしれません。

僕も嫁さんより収入が低いなんてことは現実に起こりうると思ってるし、その時は受け入れないといけないと思います。(世の中にはそう言った時に逆ギレする男性もいるらしい)

確かに家事育児はやらない、仕事しかしてないのに奥さんより収入が低かったら旦那の存在意義ってありませんよね。

まぁ、そういう時は違う観点で嫁さんと子どもをサポートしたらどうでしょう。あまり固定観念に囚われすぎるのも良くないと思いますので我々には我々のやり方がしっくりくるのさ、くらいにどっしり構えて夫婦仲良くやっていけばいいんじゃないでしょうか。

 

-【管理人のつぶやき】
-

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.