ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

【管理人のつぶやき】

創造するとはこんなにも苦しいものなのか。生みの苦しみ。

投稿日:

生みの苦しみ、宮崎駿
この前、テレビでジブリ映画を引退した宮崎駿さんがその後何をしていたか?という特集番組がやってました。

かなり評判が良かったみたいで、再放送の高視聴率が望めるだろう、なんて声も聞かれます。確かに普段テレビを見ない僕も最後まで観てしまいました。

楽しいとか笑えるとかそういう類の番組ではなく、一言で言うならば「深い」。

一体何本のヒット映画を作ったの?という宮崎駿さんですが、映画製作過程には沢山の苦しみがあったようで。。。

宮崎駿さんは御歳75才のお爺ちゃんです。僕の両親より年上ですが、僕の両親がそうであるように死を意識し始める年齢のようです。

番組の中でも何回か、今映画製作に取り掛かってしまうと途中で死んでしまうかもしれない、というかそもそも体力が持たない、みたいな話しがありました。

僕ら視聴者は映画を観て、「ジブリすごいな、宮崎駿は天才だな~」で終わりますが、作ってる方としては文字通り命を削って作っているといった様子でしたね。天才か天才じゃないかという話し以前にここまで良い作品を作ることに没頭できる人は中々いないでしょうな。

いつのまにか妥協、妥協の日々を送っている僕ですが、暫くぶりに見た宮崎駿さんの生き方に刺激され、妥協しない生き方を求めて足掻き続きる勇気が貰えました。

次回の再放送はいつ? 次回は逃さずご覧ください。深い、と思うこと間違いなし。

-【管理人のつぶやき】

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.