ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

継続の力2 〜中間、期末、実力テスト〜

 

僕が中学生だった頃の回想の続きです。

しばらく空けてから書こうと思ったけど考えが浮かんだので連投w

 

中間テスト、期末テスト、実力テスト。

 

僕の通う中学には3つのテストがありましたが、

あなたが通った中学ではどうだったでしょう?

皆ほとんど一緒かな…??

 

僕の同学年には不動の1位がおりまして、

彼女は頭一つ飛び抜けた存在でしたね。

 

100点取れないと泣いちゃうんですから、

もう特別な存在と言えましょうw

 

彼女もオモロイ存在でしたが、僕が特にオモロイなぁ…

と思ったのは2位以下の順位入れ替わり戦です。

 

というか、異質な2位がいました。

 

実力テストでは上記の女性のすぐ後、2位を譲らないけれど、

中間テストや期末テストでは20位くらいに沈むという

訳のわからない男がいたのです。

 

僕なんかは中間テストや期末テストの度に

テストに出そうなところを勉強するので、

実力テストの順位を含めて振り返っても、あまり変動はありませんでした。

 

そいつに聞くと中間とか期末でいい点を取るための付け焼き刃的な

勉強は意味がないと中3ながら何かを悟った様子でした…^_^;

 

自分のペースで受験までに合格する力を

養えばいいという考えで、中間や期末といったイベントに踊らされず

黙々と実力をつけていたわけですね。

 

ご存知かと思いますが、実力テストって範囲が広いから

テスト前に集中して勉強してもカバーしきれないっすよねw

 

だから平均点が下がる。

 

中間や期末は5教科で480〜490点取らないと

2位にはまずなれないけど、実力テストだと460点くらいで余裕の2位。

 

それ位、平均点が下がる。

 

この感覚、僕だけかもしれないんですけど、

中間や期末でいい点取ろうとする勉強法と、

実力テストでいい点を取ろうとする勉強法って違うんですよね。

 

付け焼き刃でどうにかなるのが中間や期末。ならないのが実力、そんな感じ。

 

でも順位が出る以上、手を抜けないんですよ。ライバルに負けたくないし(笑)

 

だけど、この異質な2位の勉強スタイルはそんなものでは揺らがなかった。

 

それがすげぇ。中3ながら達観してたと思います。

 

実力テストが一番本番の試験に近いですよね。

 

本番の試験が目下、受験を控える我々としては一番大事なんだから

中間や期末に惑わされず我が道を征くというこの男は凄すぎると思うわけです。

中3なのにwww ありえないぜ、その達観ぶりwww

 

まあ、500点満点のスーパーウーマンがその上にいるんですが(笑)

 

僕が言いたいのは、日々の些細なイベントに惑わされず、

自身が定めた目標をきちんと果たせるよう

実力を養っていますか?ということです。

 

継続をしても、見据える場所がブレない人間と

ブレる人間は辿り着ける場所が違いますよということ。

 

僕はまだ中間や期末に惑わされているのかもしれないなぁ(笑)

 

見栄や世間体を気にしているのかもネ…w

 

30過ぎてもこれだもんなぁ…。 もっと、がんばろっと^^

 

<<継続の力1 │ トップページ │ 継続の力3>>

 

 

投稿日:

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.