ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

団体交渉のキモ

労働組合に加入して勤め先に対して交渉を行う際、

さまざまな嫌がらせを受ける場合があるだろう。

 

そんなときは労働組合としての権利である「ストライキ」で会社を休んだり、

その嫌がらせを記録に残して、相手を交渉で追い詰めていく材料にするのだ。

 

この動かぬ証拠を得ることが団体交渉のキモであると思う。

 

こんな話がある。

 

あるブラック企業に勤めていたAさんが

勤め先の違法行為を改善しようと団体交渉を行ったら、

部署移動を命じられ、やんわりと退職を強要され始めた。

 

業務を指示通りに遂行したらミスが発生する、

そして給料泥棒などという暴言を周りから浴びせかけられるなど、

失敗して居づらくなるよう仕組まれたというのだ。

 

普通、こんなことをやられたら辞めたくもなる。

でも、それじゃあ会社の思惑通りになってしまう。

反分子として邪魔者扱いされた挙句、

何も企業に悪行を改めさせることができずに敗北。

これじゃあ意味がない。

 

A氏に対する退職強要はエスカレートして、出勤を制限されたり、

給与を半額にされるなどあらゆる手を使って辞めさせるように働きかけてきた。

 

でもA氏は屈しなかった。

そういったエスカレートしてきたハラスメントを

すべてメモし、次の交渉の材料へと繋げていったというのだ。

 

結果、相手が酷いことをすればするほど、

相手の違法行為を追い詰めることができた。

 

これは裁判に訴えるまでもなく

団体交渉で企業の悪行を改めさせることができた良い例であるが

A氏の残したメモが非常に役に立ったのだ。

 

ICレコーダーで録音、細かくメモをとる、

業務命令の内容や出勤・退勤の時間を記録する。

こうした”記録”が動かぬ証拠となり、のちのち裁判に訴えるときにも

重要な役割を果たすことになる。

 

逆にこうした記録がないと、第三者の証言から

企業の違法行為を立証するのは難しいので交渉が思うように進まない。

 

必ず”記録”を残すようにしよう。

それが戦う上でのキモである。

 

<<戦うなら同志を作れ。 │ トップページ

投稿日:

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.