ブラック企業で働いていた管理人が綴るハチャメチャライフ。

我が輩、ブラック企業卒!

戦うなら同志を作れ。

ブラック企業と戦うことを決意したとき、

会社の相談窓口や人事担当、社労士、産業医などに相談するなど

個人的に交渉をしてもほぼ意味がない。

 

だから、労働組合に加入して交渉をするのだ。

何度も言うが、企業別組合でなく

個人加盟ユニオンに相談し、加入して交渉を行う。

 

労働組合に加入して交渉する場合、会社は交渉を拒否することができない。

 

労働組合法に「団体交渉応諾義務」というものが定められており、

また、会社には団体交渉に誠実に臨むよう「誠実交渉義務」が課せられている。

 

相手を交渉の場に引きずり出すことができる。それが労働組合の力だ。

交渉に応諾しないなど企業が違反した場合には行政による

救済措置がとられることになり、かならず話合いの場を設けることができる。

 

あなたが映画”ネゴシエーター」ばりの交渉力を持っているなら

一人で交渉を行ってもいいと思うが、あれはあくまでもフィクション。

 

今後の厳しい戦いのことを考えると組織の一員として動き、

戦いになれたプロの意見を取り入れながら適時対応するほうが

結果としてはいいものを得られると思う。

 

最後に団体交渉時に大切なことをまとめておいた。

必ず目を通してほしい。

 

<<戦え!サラリーマン! │ トップページ │ 団体交渉のキモ>>

投稿日:

Copyright© 我が輩、ブラック企業卒! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.